TOP セミナー 書籍 社内研修 セミナーQ&A 書籍Q&A お問い合せ 会社概要


ご購入は、画面下の「書籍購入」ボタンから
 
リチウムイオン電池の開発と市場 2018    
Development and Market of Lithium-ion Battery 2018
[コードNo.2017S822]

※ 本書籍はご試読頂けません ※

■体裁/ B5判 290ページ
■発行/ 2017年11月30日 (株)シーエムシー出版
■定価/ 91,800円(税・送料込価格)
■ISBNコード/ 978-4-7813-1308-5

 
★世界で進む環境規制を受け、自動車電動化の動きが急加速!それに連動して車載用LiBや部材の需要が急拡大!
★世界のLiB市場は2016年に2兆円を突破し、2020年には3兆円を大きく超えるとの予測!
★今後の成長が期待されると同時に競争激化が予想されるLiBの開発・市場動向について、情報収集のお役に立てる一冊です!

キーワード

リチウムイオン電池/正極材料/負極材料/電解液/セパレータ/バインダー/安全性・性能評価/安全化技術/全固体電池/車載用LiB/電動車市場/LiBの生産概況/構成材料の市場動向(9部材)/用途別市場動向(小型モバイル用途・中型パワー用途・大型パワー用途・大型エネルギー用途)/ハイブリッド自動車(HV)・プラグインハイブリッド自動車(PHV)・電気自動車(EV)の市場動向/主要メーカー動向/海外動向


刊行にあたって

自動車における脱化石燃料の動きが急速に加速し、世界規模で自動車の電動化が進んでいる。その動きに連動して、リチウムイオン電池(LiB)の高成長が期待されている。

 中国では政府がNEV(新エネルギー車)の普及を進めており、2018年から電気自動車(EV)など電動車の一定割合の販売を義務付けるNEV規制が導入される。アメリカでも2018年にカリフォルニア州でZEV(無公害車)規制が導入予定である。また、イギリス・フランス両政府も2040年までにガソリン車とディーゼル車の新車販売を禁止する方針を発表し、インド政府も国内で販売する車を2030年までに全てEVに限定する政策を表明した。

上述のように世界で進む環境規制を受けて、自動車メーカー各社はEVシフトを表明、車載用LiBや部材の需要が急拡大している。2017年は車載用を中心とする中大型LiBが民生小型機器用LiBを上回ると予測されており、今後のLiB需要を牽引するのは、EVやプラグインハイブリッド車(PHV)などの電動車向け大型LiBと見られている。

世界のLiB市場規模は2016年に2兆円を突破し、今後も車載用や蓄電用の用途を中心に大幅に伸び続けると予想されている。2020年には3兆円を大きく超えるものと見られる。化学メーカー各社はLiB部材への投資を活発化させており、また生き残りをかけて、日本のLiB業界では再編の動きが激しさを増している。

 このように今後の成長が期待されると同時に競争激化が予想されるLiBの開発動向と市場動向について、世界が電動車の普及拡大を表明したタイミングで、分かりやすく把握できるよう本書を企画した。

【開発編】では、LiBで今後求められる技術、正極材料、負極材料、電解液、セパレータ、バインダー、安全性・性能評価、安全化技術、全固体リチウムイオン電池、車載用LiB、電動車市場の展望について、各分野の代表的な専門家の方々に解説して頂いた。

【市場編】では、LiBの生産概況、構成材料の市場動向(9部材)、用途別市場動向(小型モバイル用途・中型パワー用途・大型パワー用途・大型エネルギー用途)、ハイブリッド車(HV)・PHV・EVの市場動向、主要メーカーの動向について独自取材に基づき、図表・写真を多用して最新のマーケット情報を分かりやすく掲載している。

電池・材料・製造装置・自動車・化学メーカーなど、リチウムイオン電池に関心をお持ちの方々へ向けて、激動の開発・市場動向についての情報収集の一助となれば幸いである。

著者一覧

小沢和典(株)オザワエナックス
秋本順二(国研)産業技術総合研究所
武内正隆昭和電工(株)
鳶島真一群馬大学
山田一博東レ(株)
河野公一東レ(株)
薮内庸介日本ゼオン(株)
山内悟留エスペック(株)
渡辺春夫渡辺春夫技術士事務所
高田和典(国研)物質・材料研究機構
小林弘典(国研)産業技術総合研究所
風間智英(株)野村総合研究所
鈴木一範(株)野村総合研究所

目 次

【開発編】
第1章リチウムイオン電池の技術動向:今後求められる技術と展望予測
第2章正極材料
第3章負極材料
第4章電解液
第5章セパレータ材料
第6章高性能リチウムイオン電池の実現に貢献する機能性バインダー
第7章安全性・性能評価
第8章安全化技術
第9章全固体リチウムイオン電池
第10章車載用リチウム二次電池
第11章電動化車両(xEV)
【市場編】
第1章リチウムイオン電池の生産概況
1概要
2市場動向
3メーカー動向
4用途動向
第2章構成材料の市場動向
1正極材料
1.1概要
1.2市場動向
1.3メーカー動向
2負極材料
2.1概要
2.2市場動向
2.3メーカー動向
3電解液・電解質
3.1概要
3.2電解液溶質材料
3.3市場動向
3.4メーカー動向
4セパレータ
4.1概要
4.2市場動向
4.3メーカー動向
5集電体
5.1概要
5.2市場動向
5.3メーカー動向
6バインダ
6.1概要
6.2市場動向
6.3メーカー動向
7保護用IC
7.1概要
7.2市場動向
7.3メーカー動向
8PTCサーミスタ
8.1概要
8.2市場動向
8.3メーカー動向
9電池パック材料
9.1概要
9.2市場動向
9.3メーカー動向
第3章用途別市場動向
1小型モバイル用途
1.1スマートフォン・携帯電話
1.2タブレット端末
1.3デジタルオーディオプレーヤー
1.4デジタルカメラ
1.5ノートパソコン
1.6携帯型ゲーム機
2中型パワー用途
2.1電動アシスト自転車
2.2電動工具類
3大型パワー用途
3.1ハイブリッド自動車(HV)
3.2プラグインハイブリッド自動車(PHV)
3.3電気自動車(EV)
4大型エネルギー用途
4.1自然エネルギー蓄電(太陽光発電、風力発電)
4.2住宅用途(中型組電池)
第4章HV、PHV、EVの市場動向
1概要
2市場動向
3メーカー動向
第5章主要メーカーの動向
1パナソニック
2プライムアースEVエナジー
3村田製作所
4東芝
5オートモーティブエナジーサプライ
6NECエナジーデバイス
7ジーエス・ユアサ コーポレーション
8リチウムエナジー ジャパン
9ブルーエナジー
10日立ビークルエナジー
11日立化成
12日立マクセル
13エナックス
14エリーパワー
15Samsung SDI Co.,Ltd
16LG Chem.,Ltd
17SK Innovation Co.,Ltd
18BYD Co.,Ltd
19Tianjin Lishen Battery Co.,Ltd
20Amperex Technolog Ltd
21その他



※ 本書籍はご試読頂けません ※

SSL グローバルサインのサイトシール
FAXでもお申し込みいただけます。FAXお申し込み用紙(PDF)を印刷いただき、必要事項をご記入のうえ
 弊社までご送信ください。(FAX番号は、お申込用紙に印刷されています)
※PDF形式のファイルをご覧頂くための Adobe Reader は、アドビ システムズ社から無償提供されています。
                Adobe Reader 最新版ダウンロードはこちらから
■ お問い合わせの前に『よくあるご質問(書籍)』をご一読下さいませ ■
■ セミナー・講習会のご案内はこちらでございます ■