TOP セミナー 書籍 社内研修 セミナーQ&A 書籍Q&A お問い合せ 会社概要

ご購入は、画面下の「書籍購入」ボタンから  
 
≪2018年版≫
ナノカーボン市場・用途開発・研究開発動向実態総調査    
カーボンナノチューブ/ナノホーン・グラフェン・フラーレンの市場
・用途開発・技術開発・特許に関する最新実態調査分析レポート

[コードNo.2018GB01]

※ 本資料はご試読頂けません ※
※詳しい内容サンプル(PDF)はこちらをクリック願います。
 
本資料を直接ご覧いただくには、前もってご連絡(TEL:06-6358-0141)いただき、
当社にお越し下さるか、セミナー会場までお越しいただければ、現物を手に取っ
てご覧いただけます。

■体裁/ A4判 307ページ
■発行/ 2018年 4月 16日 (株)グリーンビジネス研究所
■定価/ 194,400円(税・送料込価格)

はじめに

●ナノカーボンは、「高導電性」「高熱伝導性」「高強度」等、他素材にはない優れた特性を持っている。しかし「低コストで安定した量産方法の確立」「分散性」等の点から本格的な市場の立ち上がりに時間を要していたが、複層CNTを中心としてコストダウンの進展もあり、ここ数年「LIB(導電助剤:正極、負極)」「フィラー(ゴム、 樹脂、塗料)」といった用途で急速に需要拡大しつつある。 又、今後グラフェンは、コストも徐々に低下してきていることもあり「LIB(導電 助剤:負極)」等の需要拡大も期待されている。 ナノカーボン自体の市場規模(W/W)は、「1811t、325億円/2017年」であったものが、 2027年(10年後)には「約10万t、2900億円/年」と、数量ベースで55倍、金額ベー スで約9倍に拡大すると予測した。

●ナノカーボンの潜在的な可能性は様々あるが、用途開拓は不可欠であり、現在も多角的なアプローチが行われている。ナノカーボンはそれ自体の用途開発のみならず、ナノカーボンの応用製品の用途開拓が今後活発化していくと考えられる。又、ナノカーボンの分散、塗布等の方法において差別化を図ることができることから、ユーザとのコラボレーションも増加することが予想される。

●当調査研究資料では、以下の内容につきまして、ヒアリング調査をベースとして明らかに致しました。 「A.技術・研究開発動向調査編」「 B.市場動向調査編」「 C.ナノカーボン用途動向調査編」「D.特許動向調査編」に分かれています。
 ⇒研究開発動向調査編では、「ナノカーボンの形態・機能特性・製造方法」
 ⇒大学/公的研究機関・民間企業の開発動向(106大学・研究機関:W/W)」
 ⇒市場動向調査編では「参入企業一覧(104社: W/W)・関連団体/研究会/プロジェク ト動向
  ・生産能力/市場規模(W/W)・ナノカーボンメーカ各社の動向(33社)」
 ⇒ナノカーボン用途動向調査編では、「ナノカーボン実用化/応用商品化動向」
  「実用化・有望用途個別調査(42品目)」
 ⇒特許動向調査編では、「2013〜2017年の各社別特許一覧」

●当調査研究資料が、ナノカーボン開発に係わる、「ナノカーボンメーカ」「ナノカーボン応用製品メーカ」「関連装置メーカ」「大学・研究機関」などの方々に有益なる情報としてお役に立てれば幸いです。

●当該調査は、関連企業・大学/研究機関へのヒアリング調査をベースに実施したものです。今後とも、ナノカーボン関連の技術・研究開発動向、市場動向の実態の調査研究を続けていく所存であります。

最後に、当資料作成にあたって快く取材に応じて下さった、各企業・研究機関・諸団体の皆様に末筆ながらお礼申し上げます。
株式会社 グリーンビジネス研究所


内容・目次
※詳しい内容サンプル(PDF)はこちらをクリック願います。
【調査のまとめ】 -------------------------------------------------(1)
A.技術・研究開発動向調査編 -------------------------------------(2)
1.ナノカーボン概況-----------------------------------------------------(3) 1)ナノカーボンの形態・機能特性・製造方法------------------------------(3) 2)機能特性------------------------------------------------------------(6) 3)製造方法------------------------------------------------------------(11) 2.大学/公的研究機関・民間企業の開発動向-------------------------------(22) 1)大学・公的研究機関--------------------------------------------------(22) (1)日本--------------------------------------------------------------(22) (2)海外--------------------------------------------------------------(39) 2)民間企業------------------------------------------------------------(44) (1)日本企業----------------------------------------------------------(44) (2)海外企業----------------------------------------------------------(45)
B.市場動向調査編 -----------------------------------------------(46)
1.参入企業一覧---------------------------------------------------------(47) 1)日本企業------------------------------------------------------------(47) 2)海外企業------------------------------------------------------------(49) 2.関連協会団体・研究会・プロジェクト動向-------------------------------(55) 1)日本----------------------------------------------------------------(55) 2)海外の動向----------------------------------------------------------(58) 3.生産能力・市場規模:W/Wベース-------------------------------------(59) 1)CNT市場----------------------------------------------------------(59) 2)グラフェン市場------------------------------------------------------(64) 3)フラーレン市場------------------------------------------------------(66) 4)各社の有望/注力市場に関する見解のまとめ----------------------------(67) 4.ナノカーボンメーカ各社の動向-----------------------------------------(69) 1)企業概況------------------------------------------------------------(69) (1)多層CNT--------------------------------------------------------(69) (2)単層CNT--------------------------------------------------------(72) (3)グラフェン--------------------------------------------------------(73) (4)フラーレン--------------------------------------------------------(75) (5)その他ナノカーボン------------------------------------------------(76) 2)販売動向------------------------------------------------------------(77) (1)多層CNTメーカ・輸入商社----------------------------------------(77) (2)単層CNT--------------------------------------------------------(89) (3)グラフェン--------------------------------------------------------(90) (4)フラーレン--------------------------------------------------------(95) (5)ナノダイヤモンド--------------------------------------------------(97) 3)共同開発/連携・共同特許出願動向------------------------------------(98) (1)多層CNTメーカ・輸入商社----------------------------------------(98) (2)単層CNT-------------------------------------------------------(102) (3)グラフェン-------------------------------------------------------(103) (4)フラーレン-------------------------------------------------------(105)
C.ナノカーボン用途動向調査編 ----------------------------------(106)
1.ナノカーボン実用化/応用商品化動向----------------------------------(107) 1)応用用途別・実用化/商品化のフェーズ動向----------------------------(107) 2)ナノカーボンの使用機能----------------------------------------------(110) 3)その他研究開発動向--------------------------------------------------(118) ≪実用化・有望用途個別調査編≫------------------------------------------(123) 1.2次電池(LIB用導電剤:正極材用)--------------------------------(124) 2.2次電池(LIB用導電剤:負極材用)--------------------------------(125) 3.コンデンサ(電気二重層コンデンサ)----------------------------------(126) 4.有機薄膜太陽電池(有機発電層:アクセプター材料)--------------------(128) 5.色素増感太陽電池(対向電極:正極)----------------------------------(130) 6.光電子デバイス(短時間パルスレーザー:過飽和吸収素子)--------------(131) 7.電界放出電子源(エミッター・電界放出陰極)--------------------------(132) 8.電界放出型発光デバイス(FED)(電子放出源)----------------------(134) 9.透明電極(タッチパネル)--------------------------------------------(136) 10.有機EL素子(有機EL材料)----------------------------------------(138) 11.薄膜トランジスタ(TFT)(チャネル)------------------------------(139) 12.単一トランジスタ(SET)(チャネル)------------------------------(142) 13.LSI配線(微細配線・大電流配線/低消費電力LSI)----------------(144) 14.質量計測(振動子)--------------------------------------------------(146) 15.ナノピンセット------------------------------------------------------(147) 16.モータ・ベアリング--------------------------------------------------(148) 17.フィラー(静電気除去・半導体ウェハ搬送容器)------------------------(150) 18.自動車用燃料噴射管(燃料ホース)------------------------------------(151) 19.導電性樹脂(導電性フィラー)----------------------------------------(152) 20.フィラー(電波吸収・電波暗室・ノイズ抑制シート)--------------------(154) 21.導電性塗料(導電材料)----------------------------------------------(155) 22.撥水塗料------------------------------------------------------------(156) 23.導電繊維------------------------------------------------------------(157) 24.潤滑剤(添加剤)----------------------------------------------------(159) 25.複合材料(炭素繊維複合材)------------------------------------------(160) 26.複合材料(セラミック複合材)----------------------------------------(161) 27.金属複合材料(CNT複合アルミ/マグネシウム/鉄/チタン等)--------(162) 28.電線・配線(軽量配線)----------------------------------------------(163) 29.メッキ材料(複合銀メッキ)------------------------------------------(164) 30.放熱シート・熱拡散シート(添加剤)----------------------------------(165) 31.機能紙(電磁波シールド・電波吸収・面状発熱)------------------------(166) 32.歪センサ(伸縮可能型)(導電フィラー)------------------------------(167) 33.FETバイオセンサ(素子)------------------------------------------(169) 34.高感度ガスセンサ(素子)--------------------------------------------(171) 35.原子間顕微鏡(探針:ナノプローブ)----------------------------------(173) 36.DDS(ドラッグデリバリーシステム)(キャリアー)------------------(174) 37.生体材料(整形外科材料)--------------------------------------------(175) 38.人工筋肉・アクチュエータ--------------------------------------------(177) 39.化粧品(ビタミンC誘導体)------------------------------------------(178) 40.ヒータ(電気ストーブ)----------------------------------------------(179) 41.太陽熱吸収体(集熱板)----------------------------------------------(180) 42.触媒(触媒担体)----------------------------------------------------(181)
D.特許動向調査編(公開日ベース:2013〜2017年12月) ---(182)
1.カーボンナノチューブ------------------------------------------------(183) 2.グラフェン----------------------------------------------------------(249) 3.フラーレン----------------------------------------------------------(291) 4.ナノカーボン--------------------------------------------------------(307)
※詳しい内容サンプル(PDF)はこちらをクリック願います。
※ 本資料はご試読頂けません ※
 ※本資料を直接ご覧いただくには、前もってご連絡(TEL:06-6358-0141)いただき、
  当社にお越し下さるか、セミナー会場までお越しいただければ、現物を手に取って
  ご覧いただけます。

SSL グローバルサインのサイトシール
FAXでもお申し込みいただけます。FAXお申し込み用紙(PDF)を印刷いただき、必要事項をご記入のうえ
 弊社までご送信ください。(FAX番号は、お申込用紙に印刷されています)
※PDF形式のファイルをご覧頂くための Adobe Reader は、アドビ システムズ社から無償提供されています。
                Adobe Reader 最新版ダウンロードはこちらから

■ お問い合わせの前に『よくあるご質問(書籍)』をご一読下さいませ ■
■ セミナー・講習会のご案内はこちらでございます ■