TOP セミナー 書籍 社内研修 セミナーQ&A 書籍Q&A お問い合せ 会社概要


ご購入は、画面下の「書籍購入」ボタンから
 
自動運転車・ミラーレス車用カメラ・センサの技術と市場    
Technical Development and Market of Camera and Sensor for Autonomous / Mirrorless Cars
[コードNo.2018S824]

※ 本書籍はご試読頂けません ※

■体裁/ B5判 229ページ
■発行/ 2018年1月19日 (株)シーエムシー出版
■定価/ 91,800円(税・送料込価格)
■ISBNコード/ 978-4-7813-1312-2

 
★部分運転自動化は実用化から普及フェーズへ!さらに完全自動運転化の実現に向け世界中で技術開発競争が加速!
★自動運転車、ミラーレス車、車載用カメラ・センサ、生体センシングに関して、各々の技術開発事例、市場動向、メーカー動向を徹底解説!
★自動運転車・ミラーレス車関連市場の動向把握・展望予測に役立つ一冊!

キーワード

先進運転支援システム / ADAS / 自動運転 / ミラーレス車 / イメージセンサ / レンズ / カメラモジュール / ミリ波レーダ / レーザレーダ / LiDAR / 赤外線イメージセンサ / 超音波センサ / 磁気センサ / 電波吸収シート / ドライバーモニタリング / 生体センシング / 顔検知 / 脈拍 / 呼吸 / アルコール検知 / インターロック


刊行にあたって

日本や欧州、中国などにおいては2016年、バックミラーやサイドミラーの代わりにカメラモニタリングシステムの使用を許可する法整備がなされた。いわゆる「ミラーレス車」の解禁である。水面下では電子ミラーの採用・量産がはじまっており、2018年度以降には自動運転技術の普及拡大と相まって、ミラーレス車市場が立ち上がっていく模様である。

自動運転車に関しては、レベル1(運転支援)およびレベル2(部分運転自動化)は、すでに実用化から普及フェーズへと移行。2017年7月にはレベル3(条件付運転自動化)の機能が市販車に搭載されることが発表され、自動運転技術は新たなフェーズへと突入した。さらに近年、機械学習技術(ディープラーニング)の進化とビッグデータの活用による第3次人工知能(AI)ブームの到来により、IT業界・地図業界などから新たなプレイヤーが自動運転市場に参入・融合し、自動運転技術はレベル4(高度運転自動化)、さらにはレベル5(完全運転自動化)の実現へと加速している。

 このように世界中で開発競争が激化し、急速な市場拡大が予想される自動運転車・ミラーレス車に関して、本書では技術開発動向および市場動向をまとめた。本書が自動運転車・ミラーレス車関連市場の動向把握・展望予測の一助となれば幸甚である。

シーエムシー出版 編集部

著者一覧

徳満恒雄住友電気工業(株)
久保田幹住友電気工業(株)
木股雅章立命館大学
橋本雅文同志社大学
小林伸聖(公財)電磁材料研究所
伊東敏夫芝浦工業大学
齋藤章彦大同特殊鋼(株)
大見拓寛(株)デンソー
山田益義(株)日立製作所
若菜裕紀(株)日立製作所

目 次

【第I編 技術編】
第1章3次元WLCSPを利用したGaAsミリ波デバイス
1諸言
23次元WLCSP技術
33-D WLCSP対応の設計技術
3.1増幅器
3.2周波数逓倍器
3.3周波数変換器
4他技術に対する優位性
5結言
第2章赤外線イメージセンサ
1はじめに
2非冷却赤外線イメージセンサ
3赤外線カメラ
4応用例
5まとめ
第3章レーザスキャナによる移動物体認識技術
1はじめに
2レーザスキャナによる周辺環境計測
3移動物体検出
4移動物体認識
5危険挙動認識
6協調型移動物体認識
7おわりに
第4章ナノグラニュラー膜を用いた高感度・小型磁気センサGIGS®
1はじめに
2金属―絶縁体ナノグラニュラー膜の構造と特長
3金属―絶縁体ナノグラニュラー膜のTMR
4GIGSの原理と特長
5GIGSの応用
6おわりに
第5章自動運転のための情報処理技術
1はじめに
2自動運転のレベル
3運転支援システム
4縦方向制御
5横方向制御
6駐車軌道計画
7自動運転の課題
第6章自動車衝突防止レーダ用電波吸収シート
1背景
2不要な電波結合問題の顕在化および検証実験例
3主な対策手法
3.1電子機器筐体の小型化
3.2電子基板PCB(Printed Circuit Board)の薄厚化
3.3柔軟性ゴムシートによる電磁干渉結合対策
4柔軟性電波吸収ゴムシートの設計手法
5柔軟性ゴムシートの最適設計
6まとめ
第7章ドライバーステータスモニター
1はじめに
2眠気状態センシング
2.1眠気状態のセンシング手法
2.2眠気状態の評価指標
3ドライバーステータスモニターの開発
3.1眠気状態センシング手法の選定
3.2ドライバーステータスモニター
3.3画像認識アルゴリズム
3.4画像センサを用いた眠気推定技術の開発
3.4.1眠気時の特徴量抽出
3.4.2瞬目特徴量を用いた眠気推定
3.4.3眠気推定手法の評価結果
4実車環境の課題と課題克服への取り組み
4.1光学フィルタによる不要波長光の除去
4.2近赤外照明の最適制御
4.3画像処理結果をフィードパックした撮像制御
5おわりに
第8章スマートフォン連携型ポータブル呼気アルコール検知システム
1緒言
2開発コンセプト
3ポータブル呼気アルコール検知器の概要および各機能について
3.1検知器概要
3.2飽和水蒸気センサ
3.3マルチ半導体ガスセンサ
3.4顔認証機能
4システムの評価
4.1システム概要
4.2被験者テスト
5おわりに
【第II編 市場編】
第1章自動運転システムの市場動向
1各国の対応・法整備同行
1.1日本
1.2米国
1.3ヨーロッパ
1.3.1ドイツ
1.3.2イギリス
1.3.3オランダ
1.3.4ギリシャ
2ADAS(先進運転支援システム)の市場動向
2.1概要と分類
2.2市場規模
3ADAS/自動運転関連メーカーの動向
3.1自動車メーカー
3.1.1国内メーカー
        (1) 日産自動車
        (2) SUBARU
        (3) トヨタ自動車
        (4) ホンダ
        (5) マツダ
        (6) 三菱自動車
        (7) スズキ
        (8) ダイハツ工業
3.1.2外国メーカー
        (1) General Motors
        (2) Ford Motor
        (3) FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)
        (4) TESLA
        (5) Volkswagen
        (6) Daimler
        (7) BMW
        (8) Audi
        (9) Volvo
        (10) PSAグループ
        (11) Renault
        (12) 現代自動車(ヒュンダイ)
3.2サプライヤー/その他メーカー
3.2.1日本のサプライヤー
        (1) デンソー
        (2) アイシン精機
        (3) 日立オートモティブシステムズ
        (4) オムロン
        (5) 日本電産
        (6) ソニー
        (7) パイオニア
        (8) ゼンリン
        (9) ルネサス エレクトロニクス
        (10) ZMP
3.2.2海外のサプライヤー
        (1) Bosch
        (2) ZF
        (3) Continental
        (4) Delphi Corporation
        (5) Mobileye
        (6) Autoliv
        (7) NVIDIA
        (8) Intel
        (9) Qualcomm
        (10) Google
        (11) Microsoft
        (12) 百度(バイドゥ)
        (13) IBM
        (14) Uber Technologies
        (15) Lyft
        (16) HERE
第2章ミラーレス車の市場動向
1各国の対応・法整備動向
1.1日本と世界機関
1.2米国
1.3欧州
1.4その他
2ミラーレス車の市場動向
2.1概要
2.2電子ミラー採用のメリットとデメリット、課題
2.3市場規模
3メーカー動向
3.1自動車メーカー
3.1.1トヨタ自動車
3.1.2日産自動車
3.1.3マツダ
3.1.4TESLA
3.1.5BMW
3.1.6Daimler
3.2部品メーカー
3.2.1デンソー
3.2.2モルフォ
3.2.3村上開明堂
3.2.4萩原電機
3.2.5市光工業
3.2.6東海理化
3.2.7パナソニック
3.2.8JVCケンウッド
3.2.9パイオニア
3.2.10テクノホライゾン・ホールディングス
3.2.11ザインエレクトロニクス
3.2.12岡本硝子
3.2.13Valeo
第3章車載用カメラの市場動向
1イメージセンサ
1.1車載カメラ用イメージセンサの市場動向
1.1.1車載用カメラシステムの分類と市場
1.1.2イメージセンサの分類と市場
1.2メーカー動向
1.2.1国内メーカー
        (1) ソニー
        (2) 東芝
        (3) パナソニック
1.2.2海外メーカー
        (1) ON Semiconductor
        (2) OmniVision
        (3) Gentex
        (4) Melexis
2レンズ
2.1車載用カメラレンズの市場動向
2.2メーカー動向
        (1) 三菱ガス化学
        (2) 大阪ガスケミカル
        (3) 三井化学
        (4) 日本ゼオン
        (5) 帝人
3カメラモジュール
3.1カメラモジュールの市場動向
3.2メーカー動向
        (1) パナソニック
        (2) 京セラ
        (3) 日本ケミコン
        (4) シャープ
        (5) NECエンベデッドプロダクツ
        (6) 東芝アルパイン・オートモティブテクノロジー
        (7) 富士通ゼネラルエレクトロニクス
        (8) ソニー
        (9) キヤノン
第4章車載用センサの市場動向
1ミリ波レーダ
1.1市場動向
1.1.1概要
1.1.2製品部品分類
1.1.3国内外市場規模・予測
1.1.4出荷額
1.2メーカー動向
1.2.1デンソーテン(旧社名:富士通テン)
1.2.2デンソー
1.2.3日本電産(日本電産エレシス)
1.2.4ミネベアミツミ(ミツミ電機)
1.2.5旭化成エレクトロニクス
1.2.6古河AS
1.2.7日立オートモティブシステムズ
1.2.8Robert Bosch(ボッシュ)
1.2.9Infineon Technologies(インフィニオンテクノロジーズ)
1.2.10HELLA
1.2.11ZF Friedrichshafen
1.2.12NXP Semiconductors
2レーザレーダ(LiDAR)
2.1市場動向
2.1.1概要
2.1.2製品部品分類
2.1.3国内外市場規模・予測
2.1.4出荷額
2.2メーカー動向
2.2.1デンソー
2.2.2北陽電機
2.2.3コニカミノルタ
2.2.4日本信号
2.2.5パイオニア
2.2.6オムロン オートモーティブエレクトロニクス
2.2.7トヨタ自動車/豊田中央研究所
2.2.8Continental
2.2.9Infineon Technologies
2.2.10Velodyne LiDAR
2.2.11Quanergy Systems
2.2.12TriLumina
3超音波センサ
3.1市場動向
3.1.1概要
3.1.2製品部品分類
3.1.3国内外市場規模・予測
3.1.4出荷額(再掲)
3.2メーカー動向
3.2.1村田製作所
3.2.2デンソー
3.2.3三菱電機
3.2.4日本セラミック
3.2.5パナソニック
3.2.6Robert Bosch
3.2.7Valeo
第5章生体センシングの市場動向
1顔検知カメラ(近赤外カメラ)
1.1市場動向
1.1.1概要
1.1.2製品部品分類
1.1.3国内外市場規模・予測
1.1.4出荷額
1.2メーカー動向
1.2.1デンソー
1.2.2オムロン(オムロン オートモーティブエレクトロニクス)
1.2.3三菱電機
1.2.4アイシン精機(アイシングループ)
1.2.5パナソニック
2生体信号(脈拍・呼吸等)センサ
2.1市場動向
2.1.1概要
2.1.2製品部品分類
2.1.3国内外市場規模・予測
2.1.4出荷額
2.2メーカー動向
2.2.1住友理工
2.2.2パイオニア
2.2.3凸版印刷
2.2.4オムロン(オムロン オートモーティブエレクトロニクス)
2.2.5旭化成(旭化成エレクトロニクス)
2.2.6太陽誘電
2.2.7富士通
2.2.8ジンズ
3アルコール検知・インターロック
3.1市場動向
3.1.1概要
3.1.2製品部品分類
3.1.3国内外市場規模・予測
3.1.4出荷額
3.2メーカー動向
3.2.1東海電子
3.2.2中央自動車工業
3.2.3日産自動車
3.2.4トヨタ自動車
3.2.5日立製作所/本田技研工業(ホンダ)



※ 本書籍はご試読頂けません ※

SSL グローバルサインのサイトシール
FAXでもお申し込みいただけます。FAXお申し込み用紙(PDF)を印刷いただき、必要事項をご記入のうえ
 弊社までご送信ください。(FAX番号は、お申込用紙に印刷されています)
※PDF形式のファイルをご覧頂くための Adobe Reader は、アドビ システムズ社から無償提供されています。
                Adobe Reader 最新版ダウンロードはこちらから
■ お問い合わせの前に『よくあるご質問(書籍)』をご一読下さいませ ■
■ セミナー・講習会のご案内はこちらでございます ■