TOP セミナー 書籍 社内研修 セミナーQ&A 書籍Q&A お問い合せ 会社概要

<セミナー詳細>

セミナーコード:20180820   受講お申し込みは、画面下の「受講申込」ボタンから

★本セミナーでは、最近注目を浴びているFSRU(Floating Storage and Regasification Unit:浮体式LNG受入・
 再ガス化設備)の動向ならびに商船三井の具体的な取組み状況と、FLNG(Floating LNG:洋上LNGプラント)
 を含めたオフショアルール・タンク・ポンプ・監視制御システム、更にはFLPV(Floating LNG Power Vessel
 :浮体式LNG発電設備)の開発動向について、斯界の最前線でご活躍中の講師陣に詳説頂きます。

FSRU・FLNG・発電船など洋上LNG設備の
規則・装置・要素技術と事業・開発動向
●講 師 株式会社商船三井
執行役員 エネルギー輸送営業本部(海洋事業)
中野宏幸 氏
●講 師 DNV GL Japan
マリタイム テクノロジー アンド リサーチ、マネージャー
三浦佳範 氏
●講 師 ジャパン マリンユナイテッド株式会社
海洋・エンジニアリング事業本部
ガスプロジェクト部 ガスグループ グループ長
久保崎 浩 氏
    (予定)
●講 師 日機装株式会社 インダストリアル事業本部
クライオ部 クライオ設計グループ 主事
横田和長 氏
●講 師 横河電機株式会社
グローバル営業&業種マーケテイング本部
オイル&ガス部 マリンソリューション課 課長
開 哲也 氏
●講 師 千代田化工建設株式会社
エネルギープロジェクト事業本部 特別推進部 専門長
緒方輝久 氏
●日 時 2018年 8月 31日(金) 9:40〜17:00
●会 場 東京・新お茶の水・連合会館(旧 総評会館)・会議室  》》 会場地図はこちら 《《
※急ぎのご連絡は(株)技術情報センター(TEL06-6358-0141)まで!!
●受講料 49,680円(1名につき)
(同時複数人数お申込みの場合1名につき44,280円)
※テキスト代、昼食代、お茶代、消費税を含む
●主 催 (株)技術情報センター

●セミナープログラム●
9:40
|
11:00
T.商船三井が取り組むFSRU事業、その課題と今後の動向

 最近LNG輸入方法の一つとして脚光を浴びているFSRUにつき、世界各地での実例を使ってその概略を説明するとともに、FSRUビジネスにおける課題ならびに今後の動向について考察する。

 1.FSRUとは
 2.商船三井のこれまでの取組み
 3.FSRU事業の特性とその課題
 4.今後のFSRUビジネスについての考察
 5.質疑応答・名刺交換
(中野 氏)
11:10
|
12:10
U.FSRU・FLNGとDNV GLオフショアルールの位置づけ

 過去10数年間で DNV GL は船級業務を通じFSRUやFLNGなどの知見を高めてきた。その知見と最新の技術を反映した関連規則の改訂版を2018年1月に発行し、船主やオペレータの要望に柔軟に対応できる規則となった。今回は関連規則の概要を説明するとともに DNV GL の取り組みを紹介する。

 1.洋上LNG・LPG 生産貯蔵設備規則の概要
 2.REGAS Notationの概要
 3.DNV GL の取り組み
 4.質疑応答・名刺交換
(三浦 氏)
13:00
|
13:50
V.FSRU・FLNGなどオフショア向けタンク技術(仮)

 ※講演概要が決定致しましたらアップさせて頂きます。
 <質疑応答・名刺交換>
(久保崎 氏)
14:00
|
14:50
W.FLNG・FSRUなど洋上LNGポンプ

 FLNG・FSRUに用いられるLNGポンプの構造、特徴ならびに計画にまつわる概要を紹介いたします。

 1.LNGポンプの概要
 2.FLNG・FSRU用ポンプの納入実績
 3.FLNG・FSRU用ポンプの構造および特徴
  ・Primary Pump
  ・Secondary Pump
  ・Line Package Pump
 4.FPSO用LNGポンプの紹介
 5.揺動実証試験の紹介
 6.質疑応答・名刺交換
(横田 氏)
15:00
|
15:50
X.FSRU等LNG浮体設備の監視制御システム

 LNG/LPGサプライチェーンにおいては、FSRU(洋上受入ターミナル)などを中心として、従来陸上の設備であったものを洋上設備化することは特別な選択肢ではなくなっているが、洋上にあるLNGプラント設備を安全かつ効率的に運営するにはまだまだ改善の余地がある。
 FSRU関連技術の現状や今後の発展について、横河電機の取り組み、及び三菱造船との協業の成果を中心に紹介する。


 1.洋上設備の監視設備
  〜FSRU、FSU、FLNG、FPPなど洋上設備と監視制御装置の紹介
 2.FSRU市場の現状
 3.FSRU搭載設備について
 4.監視制御・安全システム
 5.設備運用支援システム
 6.質疑応答・名刺交換
(開 氏)
16:00
|
17:00
Y.千代田化工建設のLNG洋上発電船の開発動向

 千代田化工建設が開発を進めている浮体式LNG発電設備 (Floating LNG Power Vessel: FLPV)について、開発の経緯と現況と設備概要を紹介し、浮体式LNG発電設備を中心としたバリューチェーンの構成に係る課題、及び当社FLPVの今後の展望を解説する。

 1.浮体式LNG発電設備を取り巻く環境
 2.浮体式LNG発電設備のバリューチェーンの構成
 3.FLPVの開発背景と開発状況
 4.FLPVの設備概要
 5.今後の展望と課題
 6.質疑応答・名刺交換
(緒方 氏)
− 名 刺 交 換 な ど −
セミナー終了後、ご希望の方はお残りいただき、
講師とご受講者間での名刺交換ならびに講師へ個別質問をお受けいたします。

SSL グローバルサインのサイトシール
 ※FAXでもお申し込みいただけます。FAXお申し込み用紙(PDF)を印刷いただき、必要事項をご記入のうえ弊社まで
  ご送信ください。(FAX番号は、お申込用紙に印刷されています)
 ※PDF形式のファイルをご覧頂くための Adobe Reader は、アドビ システムズ社から無償提供されています。
                 Adobe Reader 最新版ダウンロードはこちらから
■ お問い合わせの前に『よくあるご質問(セミナー)』をご一読下さいませ ■
■ 書籍・調査資料のご案内はこちらでございます ■