TOP セミナー 書籍 社内研修 セミナーQ&A 書籍Q&A お問い合せ 会社概要


ご購入は、画面下の「書籍購入」ボタンから
 
機能性粘着製品の開発と応用    
Development and Application of Functional Pressure Sensitive Adhesive Products
[コードNo.2016T025]

※ 本書籍はご試読頂けません ※

■監修/ 地畑健吉
■体裁/ B5判 258ページ
■発行/ 2016年12月27日 (株)シーエムシー出版
■定価/ 82,080円(税込価格)
■ISBNコード/ 978-4-7813-1183-8

 
★経皮吸収製剤、半導体テープ、タッチパネル、養生テープ、防水テープ、付箋、両面テープ、ラベルなど医療、エレクトロニクス、建築、家庭用、事務用の各分野に広がる粘着産業!
★光学フィルム適性、リワーク性、解体性、緩衝性、帯電防止性、熱伝導性、近赤外線吸収性、導電性、抗菌性などを満たす様々な機能性粘着製品!
★光学製品、UV自己剥離、異種材接合、分子勾配膜、熱対策など話題製品も網羅収載!

キーワード

絆創膏 / 経皮吸収製剤 / 半導体プロセス / 絶縁テープ / 養生テープ / 防水テープ / 目地テープ / ダクトテープ / 表面保護テープ / 付箋 / 両面テープ / ラベル / 剥離ライナー / タッチパネル / UV自己剥離 / 異種材接合 / クラフト紙 / 和紙 / 含浸紙 / ポリエステル / ゴム / アクリル / シリコーン / ロジン / 光学フィルム適性 / 再剥離性 / 解体性 / 無溶剤弾性 / 異種材結合

刊行にあたって

粘着剤の機能と簡便性をもった粘着製品は今や、拡大の一途をたどり、産業資材の中核を
担う存在となっている。これは偏に機能性粘着製品の出現が根底にあると思う。

粘着剤固有の特性から粘着製品の用途が拡がり、これに伴って新たな高度の機能が求められ、機能性の高い材料が開発されて機能性粘着製品が次々と生まれている。

本書はこのような観点で、最新の機能性粘着製品の開発動向についてまとめたものである。そのなかで、それぞれの開発に当たってどのような技術的な発展があったのかについて触れて、内容を豊富にしたつもりである。本書の構成は姉妹書「粘着製品の開発と環境対応」(シーエムシー出版、2004)にならって、機能性粘着製品に関わる材料開発、各分野における機能性粘着製品の動向、さらに話題性に富んだ機能性の粘着剤と粘着製品について章を設けた。
それぞれの章にはその分野で開発に携わっておられる一流の技術者、研究者の方々にご執筆をお願いした。

本書が各分野の第一線で活躍されている粘着関連の技術者、研究者の方々に何らかのお役に立ち、粘着産業の益々の発展に寄与できればこの上ない喜びである。

地畑健吉
(本書「序」より)

著者一覧

地畑健吉接着コンサルタント
馬場俊一郎東洋紡(株)
橋本貞治日本ゼオン(株)
河野和浩大塚化学(株)
纐纈明美東亞合成(株)
中村昭宏東レ・ダウコーニング(株)
櫻井良寛荒川化学工業(株)
河野雅和ハリマ化成(株)
林益史藤森工業(株)
宮内康次(株)UBE科学分析センター
小田純久サイデン化学(株)
戸高勝則(株)寺岡製作所
市川功リンテック(株)
杉崎俊夫リンテック(株)
小林真盛リンテック(株)
安藤雅彦日東電工(株)
阪下貞二(株)ニトムズ
川原康慈ニチバン(株)
三ツ谷直也日本合成化学工業(株)
中村昭宏東レ・ダウコーニング(株)
加納義久古河電気工業(株)
渡邉淳朗セメダイン(株)
星健太郎大日本印刷(株)
上田晃生テサテープ(株)
上北聡之テサテープ(株)
濱野尚共同技研化学(株)
青木孝浩ビッグテクノス(株)

目 次

【総論編】
第1章機能性粘着剤の開発動向
1はじめに
2粘着剤の機能と特性
3機能性粘着剤の機能と開発動向
3.1接着に関わる機能
3.1.1光学フィルム適性
3.1.2曲面接着性
3.1.3再剥離性
3.1.4解体性
3.1.5段差追従性
3.1.6放射線硬化性
3.1.7皮膚貼付性
3.2耐性に関わる機能
3.2.1透明性
3.2.2難燃性
3.2.3帯電防止性
3.2.4熱伝導性
3.2.5低金属腐食性
3.2.6近赤外線吸収性
4おわりに
【材料編】
第2章ポリエステル合成紙
1ラベル用ポリエステル系合成紙の開発経緯
1.1東洋紡の工業用フィルム
1.2粘着ラベル市場
2ラベル用ポリエステル系合成紙「カミシャイン®」
2.1微細空洞の設計
2.2空洞含有量と積層構造の設計
2.3本製品の柔軟性
2.4本製品のクッション性
2.5本製品の印刷適性
2.6耐熱性と耐薬品性
2.7環境適性
2.8一般物性
3想定する用途と今後の開発
第3章ゴム系粘着剤
1ゴム系粘着剤の構成成分
1.1ゴム・エラストマー
1.2粘着付与樹脂
1.3老化防止剤
1.4軟化剤・可塑剤
2ゴム系粘着剤の配合設計(レオロジーモデル)
3ゴム系粘着剤の技術動向と開発品
3.1ホットメルト系SISの耐熱性向上
3.2ラベル向けダイカット性に優れる粘着剤
3.3ホットメルトタイプの絶縁テープ向け粘着剤
第4章リビングラジカル重合を用いたアクリル系粘着剤
1はじめに
2リビングラジカル重合とは
3有機テルル化合物を用いるリビングラジカル重合法(TERP法)
4粘着剤開発への応用
5TERP法を応用した粘着剤/TERPLUS Nシリーズ
6生産体制
7まとめ
第5章アクリル系粘着剤
1はじめに
2溶剤型アクリル系粘着剤
2.1ベースポリマーの設計
2.1.1モノマー組成
2.1.2分子量および分子量分布
2.2架橋方法
2.3粘着付与剤の種類と配合
3エマルション型アクリル系粘着剤
3.1ベースポリマーの設計
3.1.1モノマー組成
3.1.2分子量
3.1.3重合用界面活性剤
3.2架橋方法
3.3その他の添加剤
4無溶剤型粘着剤
4.1ホットメルト型
4.1.1設計
4.2液状硬化型
4.2.1UV架橋型の設計
4.2.2UV重合型の設計
5最近のアクリル系粘着剤
5.1光学用途向けパネル接着用粘着剤
5.2光硬化型粘接着フィルム
6アクリル系粘着剤の将来展望
第6章シリコーン系粘着剤
1はじめに
2シリコーン系粘着剤の基本的な性質と特徴
3過酸化物硬化型シリコーン粘着剤
4付加硬化型シリコーン粘着剤
5シリコーン粘着剤の関連製品
5.1シリコーン粘着剤用剥離剤
5.2カラーペースト
5.3プライマー
6おわりに
第7章超淡色粘着付与樹脂
1はじめに
2色調
3粘着付与樹脂
4超淡色粘着付与樹脂
4.1水素化石油樹脂
4.2超淡色ロジン誘導体
5最近の開発動向
5.1高耐候性・低重合阻害性ロジン誘導体「PE-590」
5.2超淡色液状ロジンエステル「パインクリスタルMEシリーズ」
6おわりに
第8章環境対応型ロジン系粘着付与剤樹脂エマルション
1緒言
2技術的動向
2.1エマルション型タッキファイヤーの製造方法
2.2接着剤用粘着付与剤樹脂エマルション
2.3粘着剤用エマルションタッキファイヤー
3物性試験
4消泡剤
5機械的安定性
6VOC放散速度
7海外での展開
8まとめ
9おわりに
第9章剥離フィルム
1はじめに
2剥離フィルムの種類
3剥離に関連する因子
3.1接着し難さ(くっつき難さ)
3.1.1粘着剤や粘着性物質の濡れ難さ(低表面張力)
3.1.2粘着剤や粘着性物質との親和性が乏しいこと(非親和性)
3.2剥がしやすさ
4剥離剤の種類
5シリコーン系剥離剤
5.1硬化タイプ
5.2剥離剤の形態
5.3剥離性の制御
6剥離フィルムの製造と評価
6.1剥離フィルムの製造方法
6.2剥離フィルムの評価方法
7製品例
7.1光学粘着テープ用剥離フィルム
7.2シリコーン粘着剤用剥離フィルム
7.3経皮吸収薬用剥離フィルム
7.4偏光板用剥離フィルム
7.5積層セラミックコンデンサ用剥離フィルム
8今後の展開
8.1高品質
8.2高品位
8.3環境対応
第10章粘・接着材料の最新分析
1はじめに
2粘・接着物質の構造解析
2.1MA-g-POのグラフト構造高感度分析
2.1.1粘・接着性発現化合物:MA-g-PO
2.1.2MAグラフト構造解析:従来法と新規解析法
2.1.3超臨界メタノールによるグラフトMAのメチル化-1H-NMR分析
2.2表面修飾無機フィラーの修飾構造解析
2.2.1粘・接着物質複合材料:表面修飾無機フィラー
2.2.2ポリマー修飾無機フィラーとその構造解析
2.2.3超臨界メタノール処理-1H-NMR分析
3粘・接着界面の評価
3.1界面特性依存材料:CFRP
3.2界面粘・接着性評価:マイクロドロップレット法
3.3界面状態の検証:サイジング剤と界面強度
3.4粘・接着メカニズム:メカニズム関連因子とせん断強度
4おわりに
【粘着製品編】
第11章機能性粘着剤の開発
1はじめに
2粘着剤の設計
2.1組成・形態
2.2粘着付与樹脂
2.3分子量・架橋
3粘着剤の機能性付与
3.1粘着シート、テープへの機能性付与
3.2光学的性能
3.2.1透過率・黄変
3.2.2屈折率
3.2.3複屈折、複屈折温度依存性
3.3電気的性能
3.3.1表面抵抗
3.3.2帯電性
3.3.3誘電率
3.4力学的性能
3.4.1応力緩和、流動性
3.4.2再剥離
3.5熱的性能
3.6各種基材への対応
3.6.1紙基材
3.6.2感熱紙基材
3.6.3塩ビ基材
3.6.4各種フィルム基材
3.6.5不織布、発泡体基材
4粘着剤の環境性能
4.1製造時の環境負荷
4.2粘着付与樹脂の乳化
5粘着剤のコストダウン
6おわりに
第12章エレクトロニクス関連粘着製品
1概要
2具体的事例
3無支持体両面テープの設計アプローチ
4設計情報
4.1アクリルモノマー
4.2架橋剤
4.3試験条件
5設計アプローチ
5.1粘着剤設計
5.1.1ベースポリマー設計
5.1.2架橋系選択
5.1.3その他
5.2セパレーター設計
5.2.1基材選択
5.2.2セパレーター表面粗さ
5.2.3離型剤選択
5.3加工条件の配慮
5.4製品全体の代表的性能と関連の応用製品
6まとめ
第13章半導体部品組立用粘接着テープ
1はじめに
2バックグラインドテープ(BGテープ)
3ダイシングテープ
3.1ダイシングテープの組成・設計
3.2ダイシング方法
4ダイボンディングテープ
4.1ダイボンディングテープの技術背景
4.2ダイボンディングテープの課題と設計
5素子裏面保護用テープ
6結論
第14章機能性粘着剤とテープ、ラベル
1はじめに
2帯電防止性の付与
3導電性の付与
4難燃性の付与
5環境対応性(リサイクル適性)の付与
6その他用途や製品設計への展開
7おわりに
第15章家庭用粘着製品
1はじめに
2家庭用粘着製品とは
3代表的な家庭用粘着製品
3.1粘着クリーナー
3.1.1粘着カーペットクリーナー
3.1.2フローリング用クリーナー
3.1.3マルチタイプ粘着クリーナー コロコロ®フロアクリン
3.1.4ペット用粘着クリーナー
3.1.5タッチパネル用粘着クリーナー タッチパネルコロコロ
3.2家庭用両面テープ
3.2.1はがせる両面テープ ミズトレック®
3.2.2はがせる両面テープ強力接着用
3.2.3はがせる両面テープ強力固定用
3.2.4はがせるフック
3.3窓ガラス断熱シート
3.4優肌絆®
3.5ウォールインテリア decolfa®
4おわりに
第16章医療用粘着製品
1絆創膏
2ドレッシングテープ
3ハイドロコロイドテープ
4傷あとケアテープ
5経皮吸収製剤
【話題製品編】
第17章光学部材用粘着剤の開発と動向
1はじめに
2光学部材用粘着剤
2.1液晶ディスプレイ(LCD)
2.1.1耐久性
2.1.2リワーク性
2.1.3光漏れ(ムラ)抑制
2.1.4帯電防止性
2.1.5保存安定性
2.2今後の動向
2.2.1偏光板の構成の変化
2.2.2LCD構成
3タッチパネル
3.1タッチパネル用粘着剤
3.1.1耐久性
3.1.2金属非腐食
3.1.3耐湿熱白化性
3.1.4段差追従性
3.1.5誘電率
3.1.6耐ブリスター性
4おわりに
第18章医療用シリコーン系粘着製品
1はじめに
2シリコーン粘着剤の基本的な性質と特徴
2.1強粘着タイプの医療用シリコーン粘着剤
2.2弱粘着タイプのシリコーンソフトスキン粘着剤(Soft Skin Adhesive: SSA)
3おわりに
第19章UV硬化型粘着剤の接着制御メカニズムと評価法および応用展開
1はじめに
2UV硬化型粘着剤における粘着特性の低下機構
3UV硬化型粘着テープにおける評価・解析法
4UV硬化型粘着剤における応用展開
5おわりに
第20章無溶剤弾性粘着剤
1はじめに
2液体の粘着剤 セメダインBBX
2.1セメダインBBXの長所・短所
2.2セメダインBBXの構成
2.3セメダインBBXの一般性状
2.4セメダインBBXの粘着性データ
2.4.1タック
2.4.2粘着力
2.4.3凝集力
3セメダインBBXの接着性と耐久性能
3.1再はく離性(糊残り性)
3.2耐水性、熱老化性
3.3ポリエチレン、ポリプロピレンへの粘着性
4用途例
5おわりに
第21章異種材接合に用いる接着フィルム
1はじめに
2開発経緯
3粘接着フィルムの特徴
3.1粘接着性
3.2粘接着フィルムの基本構成
3.3熱硬化タイプ(柔軟グレード)
3.4熱硬化タイプ(高流動グレード)
3.5光遅延硬化タイプ
4今後の展望
第22章再剥離可能な粘着テープ
1はじめに
2剥離時の粘着強さに変化がないテープ
3剥離時の粘着強さの低下技術
第23章分子勾配膜テープと反応系―粘着技術の特徴と用途開発―
1はじめに
2分子勾配膜膜テープ(両面粘接着テープ)
2.1詳細
3分子勾配膜両面テープの多層成膜と応力吸収
4分子勾配膜の実力
4.1SUSとオレフイン系(PP)での比較
4.2耐熱性について
4.2.1評価
5瞬間接着型:分子勾配膜反応型テープ
6まとめ
第24章熱対策粘着テープ-熱伝導性、熱放射性、遮熱性、断熱性をもつ粘着テープ-
1はじめに
2熱伝導性テープ
3熱放射テープ
4遮熱テープ
5断熱テープ
6まとめ



※ 本書籍はご試読頂けません ※

SSL グローバルサインのサイトシール
FAXでもお申し込みいただけます。FAXお申し込み用紙(PDF)を印刷いただき、必要事項をご記入のうえ
 弊社までご送信ください。(FAX番号は、お申込用紙に印刷されています)
※PDF形式のファイルをご覧頂くための Adobe Reader は、アドビ システムズ社から無償提供されています。
                Adobe Reader 最新版ダウンロードはこちらから
■ お問い合わせの前に『よくあるご質問(書籍)』をご一読下さいませ ■
■ セミナー・講習会のご案内はこちらでございます ■