TOP セミナー 書籍 社内研修 セミナーQ&A 書籍Q&A お問い合せ 会社概要

<セミナー詳細>

セミナーコード:20171217   受講お申し込みは、画面下の「受講申込」ボタンから

≫「関連セミナー実績」

★本セミナーでは、ガスケット系シールの選定と使用におけるポイント・留意点、又、漏洩量及び寿命の
 推定を含めたシール技術と最近の開発動向等について、経験豊富且つ実務の第一線でご活躍中の
 江西講師に詳しく解説頂きます。

〜事故や不具合を未然に防止するための〜
ガスケット選定・適用の留意点と
漏洩理論・寿命予測などを含めたシール技術
●講 師 日本バルカー工業株式会社
海外統括本部 海外テクニカルソリューショングループ
江西俊彦 氏
  <講師紹介>
日本バルカー工業(株)にてガスケット関係の技術担当として、顧客向けトラブル対応、
技術支援、製品企画、説明会講師などとして活動中。
日本機械学会、日本石油学会、ISO国内委員会等で規格改訂委員などを歴任。
●日 時 2017年 12月 15日(金) 10:00〜16:30
●会 場 東京・新お茶の水・連合会館(旧 総評会館)・4F会議室  》》 会場地図はこちら 《《
※急ぎのご連絡は(株)技術情報センター(TEL06-6358-0141)まで!!
●受講料 49,680円(1名につき)
(同時複数人数お申込みの場合1名につき44,280円)
※テキスト代、昼食代、お茶代、消費税を含む
●主 催 (株)技術情報センター

●セミナープログラム●
【予備知識】

 特にありません。(「ガスケット」と言う言葉をご存知であれば)
【習得知識】

 ガスケットの選定・使用に関する知識
 1)各製品での使用・注意点などの知識
 2)選定時に注意すべき点など
 3)ガスケットに関する技術・トピックスなど
  a.ガスケットにおける漏洩理論
  b.寿命予測

【講師の言葉】

 一般的には馴染みの少ない「シール」と言う分野について、中心的な製品である「ガスケット」を解説させていただきます。
 特に選定や使用方法に不具合があると大きな事故へと繋がりかねません。そのような不具合を事前に解消・対処するべく、本講座をご利用ください。

【プログラム】

T.ガスケットの種類と選定

 A.ガスケットの種類と分類
  1.ソフトガスケット
  2.セミメタルガスケット
  3.メタルガスケット
 B.ガスケットの選定
  1.漏れレベルとガスケット
  2.フランジとの適合
  3.圧力/流体別選定基準
  4.特に注意を要する選定例
   a.酸素ガス・支燃性ガス
   b.重合性モノマー
   c.スラリーを含む流体
   d.熱媒体
   e.放射性流体


U.ガスケット使用上の留意点

 A.フランジ、ボルトの選択
  1.フランジ表面仕上げに対する留意点
  2.インチ系フランジにメートルネジを使用する場合の留意点
 B.一般的な使用時の留意点
  1.ガスケット締付の留意点
  2.温度サイクルのかかるラインでの留意点
 C.個別のガスケットにおける使用時の留意点
  1.ジョイントシートガスケット使用時の留意点
  2.うず巻き形ガスケット使用時の留意点
  3.メタルジャケット形ガスケット使用時の留意点
  4.メタルガスケット使用時の留意点


V.シール技術の動向

 A.ガスケットにおける漏洩理論
  1.漏洩流体の流れ(粘性流と分子流)
  2.リークパスの推定
  3.漏洩量の換算/推定
 B.ガスケットにおける寿命予測の現状と課題
  1.シートガスケットにおける寿命推定事例
  2.メタルガスケットにおける寿命推定事例
  3.ゴムOリングにおける寿命推定事例
 C.最近の開発・適用事例
 D.シールに関する最近のトピックス


Y.質疑応答
− 名 刺 交 換 な ど −
セミナー終了後、ご希望の方はお残りいただき、
講師とご受講者間での名刺交換ならびに講師へ個別質問をお受けいたします。

関連セミナー実績

2014.10.30 ガスケット選定・適用の留意点とシール技術
2013.10.16 ガスケット選定・適用の留意点とシール技術
2012.10.25 ガスケット選定・適用の留意点とシール技術
2010. 7. 1 ガスケット選定・適用の留意点とシール技術


SSL グローバルサインのサイトシール
 ※FAXでもお申し込みいただけます。FAXお申し込み用紙(PDF)を印刷いただき、必要事項をご記入のうえ弊社まで
  ご送信ください。(FAX番号は、お申込用紙に印刷されています)
 ※PDF形式のファイルをご覧頂くための Adobe Reader は、アドビ システムズ社から無償提供されています。
                 Adobe Reader 最新版ダウンロードはこちらから
■ お問い合わせの前に『よくあるご質問(セミナー)』をご一読下さいませ ■
■ 書籍・調査資料のご案内はこちらでございます ■