<セミナー詳細>

セミナーコード:20201012   このセミナーの受付は終了しています


      ※別画面で開きます
★本セミナーでは、先行する欧州の電力・エネルギービジネスの最新動向・事例と、日本における今後のビジネスチャンス
 及び新しいビジネスモデル構築のためのアプローチなどについて、新型コロナによる新エネルギー市場への影響を含めて、
 斯界の最前線でご活躍中の山本講師に詳説頂きます。
★本セミナーは、ライブ配信(Zoom)での開催です。
★当日使用のテキスト資料はセミナー開催日の直前にPDFでお送り致します。


【オンラインセミナー】
欧州エネルギー市場における「イノベーションビジネスモデル」
最新動向と日本市場への示唆
〜新型コロナによる新エネルギー市場への影響を踏まえて〜
●講 師 アビームコンサルティング株式会社
エンタープライズビジネスユニット
エネルギー担当 ダイレクター
山本英夫 氏
  <講師紹介>
大手都市ガス会社を経て、2001年にアビームコンサルティング入社。
エネルギー供給企業とエネルギー需要家企業が関係する領域を専門分野として、
エネルギー需要家に対するエネルギーマネジメント改善や新規エネルギー事業
立上げ支援等数多くのプロジェクトを実施。
また電力・ガス・石油等のエネルギー供給企業に対しても営業・マーケティング戦略、
新規イノベーションビジネス・サービス構築支援等プロジェクトを実施。
現在、英国Delta Energy & Environment社との連携により、欧州の海外先進事例に
基づき「デジタル」「フレキリビシティ」を活用した新規エネルギービジネスモデル構築
に関する支援多数実施
https://www.abeam.com/jp/ja/consultants/hyamamoto
<主な著書>
『欧米先進事例に学ぶデジタル時代の電力イノベーション戦略』(共著 毎日新聞出版)
●日 時 2020年 10月 23日(金) 13:00〜16:00
※本セミナーは、ライブ配信(Zoom)での開催です。
※当日使用のテキスト資料はセミナー開催日の直前にPDFでお送り致します。
●受講料 39,600円(1名につき)
(同時複数人数お申込みの場合1名につき34,100円)
※テキスト代、消費税を含む
●主 催 (株)技術情報センター

●セミナープログラム●
【講演要旨】

 日本と比較し既に電力自由化が先行している欧州エネルギー市場においては、「自由化」「再エネ普及拡大」、「デジタル技術の発達」の3つの要因が主要ドライバーとなりエネルギーバリューチェーンにおける変革が起きており、数多くの「イノベーションビジネスモデル」が創出されている。
 さらに、新型コロナによるパンデミックの影響により、欧州エネルギー市場におけるエネルギーバリューチェーンの変革は加速し、新エネルギー市場における新ビジネスは今後さらに拡大すると予想される。
 本講演においては、欧州エネルギー市場においてイノベーションビジネスが創出されている市場背景、および新型コロナによるパンデミックによる影響について解説するとともに、新エネルギー市場における代表的な6つのビジネスモデルパターンを具体的な事例に基づき解説する。
 さらに、今後の日本のエネルギー市場の動向、および国内市場においてビジネスポテンシャル拡大の可能性があるビジネス領域について解説する。

【プログラム】

1.欧州エネルギー市場におけるエネルギー環境の変遷

 (1)自由化先進地域において共通する3つのステージ
 (2)イノベーションビジネスモデル創出の背景
 (3)デマンド・サイド・フレキシビリティ(DSF)定義
 (4)欧州と米国市場との違い
 (5)新型コロナによる新エネルギー市場への影響と今後の動向


2.6つのイノベーションビジネスモデル事例紹介

 (1)バンドリングモデル
 (2)ライフスタイル製品モデル
 (3)エネルギー消費効率化モデル
 (4)マーケットプレイス運営モデル
 (5)TOU(Time-of-Use)最適化モデル
 (6)EaaS(Energy as a Service)モデル


3.国内エネルギー市場における今後の動向およびビジネスチャンス

 (1)今後の国内エネルギー市場動向
 (2)ビジネスポテンシャルが期待される領域
  ・VPPアグリゲータビジネス
  ・EaaS


4.質疑応答